カリウムの効果って一体!?

2015/05/16

カリウムは、体重1キロの中に、2グラムあるといわれています。カリウムは、生命の活動を維持する上では、重要な役割を担う栄養素となっています。不足に気をつける必要がある、ミネラルなのです。カリウムはナトリウムとともに、細胞内の浸透圧を一定に保ってくれます。そして高血圧を防ぐ効果があります。多くの食品に含まれているため、普通の食事をとっていれば、不足を心配する必要はありません。しかし、汗とともに奪われてしまうため、特に夏場は失われやすくなっています。不足をしてしまうと、夏バテになりやすくなってしまうので、注意が必要です。カリウムには、むくみを解消してくれるという効果があります。細胞外の体液のナトリウムの濃度が高くなってしまうと、余分な水分を吸収してしまい、ナトリウム濃度を下げるように働いてしまいます。余分な水分が、細胞の外にたまってしまうことで、むくみがしょうじてしまうのです。カリウムには、余分な水分を体外に排出してくれる効果あります。ナトリウム濃度が下がると、余分な水分も排出されるので、むくみも解消されるのです。体脂肪を減少させてくれるような直接的なダイエット効果はありませんが、むくみが解消されるため、すっきりと見えるのです。さらに、カリウムには、筋肉の働きをよくするという効果もあります。筋肉で、エネルギーづくりに働くカリウムは、不足をしてしまうと、筋肉の動きも悪くなってしまいますし、力が出なくなってしまうのです。さらに詳しいカリウムの情報は「カリウムサプリおすすめランキングABC」(http://xn--abc-g73b1ca4z5jpbza7a6cw2a5d5fhe1ob.com/)がおすすめです!